木々の芽吹き 2021

2021-04-11  春の山

 山の中腹のブナ林の中に1本が若葉色になっている。 山では山桜が満開から散り始めましたが、コブシの花が見頃になった。又、村なかの屋敷跡の梅が満開となり、ソメイヨシノが咲き始めている。雪融けの進み、3月末に濁っていた川の水が澄んで、水量が少なり「いよいよ春が来た」という今日の山の景色です。
 写真は竹之高地から見れる春の風景です。住人は一人になって、家並みがなくなってしまいましたが、私には子供の頃と変わらない風景だと思う。
 春先は寒くなったり、暖かくなったりする気候を繰り返して、徐々に春らしい暖かい気候になっていく。山の草花はこの気候中でもちゃんと生育します。中でもカタクリの花は雪が降っても花びらを閉じてじっと我慢をして、お日様が顔を出せば花を開きます。春の妖精と例えられるくらい可憐な花なのに生命力の強さがあるすごい花だと思う。
 春の晴れた日は、ウキウキとしてじっとしてはいられずに、つい山に遊びに行ってしまう。まずは不動様にお参りして、不動滝に挨拶をして山に入ります。植物の芽吹きが毎日変わっていくさまを見て、元気をもらっています。

 

 

 

2021年4月11日

早春 2021-3

2021年4月10日 寒い 4月

先週まではすごく暖かい春の里山でしたが、今週に入り気温は一気に下がり、今日の最高気温が10℃であった。明日の最低気温が1℃の予報が出ている。昨日は竹之高地で「雪が舞った」と唯一の住人が教えてくれた。今日は山に入ってもカタクリの花が開かず、1日しぼんだままでした。冬に逆戻りの気候で、寒いわけだ。

不動滝入り口の桜(ソメイヨシノ)が6分咲きでした。桜の向こうは蓬平の山「猿倉岳」、まだ雪がだいぶ残っているのが見える。村の中の桜は三分咲き、来週末に満開を迎えそうです。寒いけど春はゆっくりと来ている。

残念ながら、山道にはまだ残雪があり、車では山に入れません。

この季節、山に遊びに来る元住人、山菜採りの方が増えます。コロナ禍の折、蜜とならぬように距離を保ち、マナーを守って山に入りましょう。又、クマ、イノシシ等の大型の獣にも注意してください。

 

2021年4月10日

不動様 護摩祈祷

 竹之高地不動社 令和3年正月護摩祈祷

二年参り

 令和2年午後11時から正月祭開始 令和3年午前零時 護摩焚き上げ

初詣 護摩焚き上げ

 期日:1月1日、2日、3日、4日、6日、7日

 時間:午前10時と午後2時の2回

コロナ禍の中3蜜とならぬよう余裕を持って参拝をしましょう。

例年蓬平の高龍神社参拝者が多く、午前10時過ぎには濁沢のトンネルを超えたあたりから車の渋滞となり竹之高地まで1時間から2時間かかる時もあります。時間に余裕を持っておいでください。

12/30日現在 竹之高地の積雪は1mを超えています。正月3が日は大雪予報が出ております。防寒着・長靴等準備し、十分注意をしてきてください。

 

(写真中央の赤茶の屋根が不動社。その奥に1本杉が見えます。この写真の1本杉が不動明王にも見える?・・・私の勝手な思い込みでした)

 

 

 

2020年12月30日

2020 初観雪

2020年11月10日 初雪が舞う

今朝、竹之高地で初雪観測。11/8(日)の夕方から降り出した雨は降やまず「大雨警報」となり、朝方は冷え込み、雪が舞った。昨年は11/29に初雪を観測した。昨年はこのあと寒暖を繰り返して積雪はすごく少なかった。だが今年は大雪との長期予報が出ている。あんまり積もってほしくない。

 新型コロナウイルスの影響を受け、不動滝滝行、百八灯・盆踊り、新そば祭りと竹之高地のイベントが軒並み中止となってしまった。だが、コロナ禍の中不動社の参拝におとずれる人は多くなっている。不動社では信者が連日集まり、修行に励んでいる。

 しばらくここへの書き込みを休んでしまい、申し訳ございません。竹之高地には、ほとんどの土日に来ているのだが、私自身歳をとり、会社勤めがきつくなり、夕方帰宅してバタンキューで寝てます。今年は山歩きもしなかったため、感動することがなく、皆さまへの報告ができませんでした(ごめんなさい)。でも今日は雪がチラチラと見れたので、報告します。

 2020/11/12写真を追記  中央の枡形山のブナ林は葉がほとんど落ちています。先日の雪が少々残っていますが写真では見えませんね・・・、今日は久しぶりの快晴でした。

 

2020年11月10日

「鹿」発見

2020年 4月18日  竹之高地に「鹿」が現れた

 昨年の夏にイノシシが来たと大騒ぎの山に鹿まで竹之高地に現れた。

 今日は昨夜からの雨がお昼には大雨となり、川の水が濁り増水した。雨が小降りとなった3時すぎに山の池の水を見に行く途中、6頭の鹿が道端で草を食べていたところに出くわした。先日、山菜採りの人から鹿の角が落ちていたと聞いて、はて?と疑っていたが、自分の目で見てしまった(オドロキ)。

 カモシカは毎年どこかで見ていたので、はっきりと区別がついた。角が無く、冬毛の灰色で、メスか子供のようだ。車のフロントガラス越し写真を1枚撮り、車外に出ようとドアを開けた瞬間に、目の前の川に降り、向こう岸の林の中にあっと言う間に隠れてしまった。

 写真は豆粒ほどにしか撮れなかったものを思いっきり拡大しているためボケています(これ1枚しかありません、あしからず)。鹿の角のように見えるのは芽吹き前の木の枝です。

 

2020年4月18日

4月の雪

2020年 4月5日  春の雪

 今年は冬が終わらず、なかなか春になりきらない。天候が安定しない日々が続く。今日も気温が下がり昨夜からの雨が雪になった。うっすらと積もり山が白く雪化粧した。午前中にほぼ融けて、山の地肌が見えてきた。山のブナの葉が黄緑色に開き、山菜シーズンの始まりを告げる合図です。

 竹之高地の「オオブキロ」の谷底にも雪はない。毎年6月中旬までは雪渓が見られるのに、今年はいかに積雪がなかったかを物語っています。

 

写真は今日(4/5)の朝9時頃のカタクリに雪がかぶった様子です。

 

 今週水曜日から天気がぐずつき、金曜日にかけて雪予報が出ていますが、土曜-日曜は晴れ間がありそうです。穏やかな休日となるでしょう。

 桜(ソメイヨシノ)の花もこの寒さで開花できなかったようですが週末には花が見れそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年4月5日

2019 初雪

2019年11月30日 初雪 竹之高地の積雪 10cm

 今年、春は小雪で雪解けが早く、夏は暑く雨が降らずで水不足に悩まされました。稲は実入りが悪くなり、サトイモは枯れる寸前までとなり、大根は細く11月中旬過ぎからやっと収穫できるようになりました。錦鯉を養殖している山の池は水量が半分になり、稚魚の選別ができませんでした。竹之高地は高い山がないから(大峰山で573m)水は天候により大きく変化します。来年は適度の雨を期待してお不動様にお参りします。
 さていよいよ冬の訪れとなりました。11月29日に初雪を観測し、翌30日の朝には10cmの積雪となりました。昨年より1週間の遅れです。

 年末に雪の下から掘り出すように少し残してある大根は、あまみがますことでしょう。

2019年11月30日