管理人の山歩き

サイト管理人のブログです。

 見慣れた山野草、飛び交う虫、時には目の前に突然現れる動物たちが迎えてくれる。ふるさと竹之高地が好きで、還暦になっても山歩きをしています。特に春山を好んで歩いています。
 その昔、この地でも雪割り草が咲いていたと聞き、早春の山歩きを始めました。いまだにこの地で見たことのない雪割草を求めて春山を歩いています。
 また、この山歩きで見つけた季節の移り変わりを新聞として発行しています。名づけて「ほーきんと通信」です。ご覧になりたい方は右のボタンをクリック!

今冬の雪 2022

2022-04-16 積雪10cm(残雪少々有り)

今冬の大雪の記録をまとめてみました。

11/27初雪はすぐに融けたが、12/15ころ根雪となり、12/31には100cmを超えて、1月末から2月末まで冬型の気圧配置が続き雪は降り積もり、2/22には350cmの最深積雪となった。3月に入り天候が回復し徐々に積雪が減って、3月下旬から4月初旬にかけて気温が上昇し一気に雪融けが進み、ついに4/16積雪10cmとなった。(積雪量は竹之高地の屋敷跡地で観測)

今冬の雪との戦い(半分は楽しみ)が始まったのは12/26からであった。毎週土日はほとんど竹之高地の実家跡地に建てた農機具小屋周りの雪ほり(除雪作業)をしていた。1週間で60センチ新たに積もり、これをスノーダンプで小屋裏の川まで運び、排雪した。1日で歩数計は15,000歩を示す。最大は27,000歩であった。スノーダンプで雪を運ぶと結構いい運動になる。気温が氷点下でも汗がにじんでくる。人は「雪なんか春になれば消えるのに、何無理してがーや」というが、冬でも体を動かさないと春の山菜採り、夏の草刈りの体力が保てないと思い雪ほりをしている。年齢を重ねたら街中で遊ぶことが苦手になった自分は、山で楽しむことを見つけたと思う。(そこに山があるから・・・)

12月から4月までの5ヶ月間、雪は家も畑も山も白く柔らかく包んで全てを隠して、山での苦労を毎年リフレッシュしてくれる。雪が融けてなくなれば暖かい春が来る、また山で遊ぶ(楽しむ)ことが出来ると思う。

昭和40年代までは当たり前のように4mの積雪があったのに、今は3mも積もれば大雪だと人は言う。子供の頃は2階から出入りしたり、一晩で1mを超える新雪があったり、屋根の雪降ろしは1週間に2-3回したり、とあまり良い思い出は残っていない。現在は道路が広くなり、新雪が20cmも降れば除雪機が出動し、竹之高地の「ともぞう」さん跡地まで入り、車でいつでも来れる。便利になったが住人がいなくなって静かになった村にも雪がなくなり、待ちに待った春が来ました。さあーて山で何して遊ぼうか。

 

2021/11/27 初雪 5cm 翌日には融けた

2021/12/05 2度目の雪 5cm 軽トラで山道を行く【写真1】

2021/12/19 積雪 50cm 雪ほり

2021/12/26 積雪 60cm 雪ほり

2021/12/30 積雪 90cm 雪下の大根掘り【写真2】

2021/12/31 積雪 140cm 雪ほり、元住人の孫が初めてのかまくら作り【写真3】

2022/01/01 積雪 120cm 雪ほり、不動様初詣

2022/01/02 積雪 130cm 雪ほり、むらの中より【写真4】

2022/01/16 積雪 150cm 雪ほり、不動様境内【写真5】

2022/01/22 積雪 150cm 雪ほり,社務所前広場除雪車【写真6】

2022/01/30 積雪 190cm 小屋前除雪【写真7】

2022/02/06 積雪 280cm 雪ほり、人と雪【写真8】

2022/02/23 積雪 330cm 百八灯、花火【写真9、10】

2022/02/26 積雪 300cm 雪ほり、桝形山【写真11】

2022/02/27 積雪 275cm 雪ほり

2022/03/05 積雪 245cm 木の枝おろし

2022/03/06 積雪 255cm 木の枝おろし

2022/03/12 積雪 235cm 木の枝おろし

2022/03/20 積雪 180cm 木の枝おろし

2022/04/02 積雪 135cm 木の枝おろし

2022/04/10 積雪 60cm ふきのとう探し、桝形山【写真12】

 気が付けば樹木の芽吹きが始まっている。雪に閉ざされた冬から解放された植物の力強さを感じる季節となりました。カモシカが冬毛の灰色から茶色に変わり始めを今年も山のいたるところで見られ、山鳥もトコトコと林の中を歩いている。ただ残念なことに、里から戻ってきたイノシシが山のいたるところで土をほじくり返している。畑を耕せば土の中からカエルが飛び出してくる。生き物たちも活発に動き始めた。

 竹之高地の山道は除雪中でまだ雪が残り、車では山には入れない。桜(ソメイヨシノ)が4/16に開花していて、ようやく春を感じる季節となりました。早春の晴れた日の心地よい風を受けて山を散策してみましょう。

 

 

 

 

2022年4月16日

ギフチョウ ~場外編~

2022-04-13 村松の小学校脇で発見

 暖かい春の陽光に誘われて飛んできたのか、石坂小学校グランドと家の間の道路でギフチョウを見ることができた。

 五箇山へ登る石彫の道の十方台あたりでこの時期によく見ることができるが、長岡の平場でそれも県道脇の家の路地で見つけられたのは初めてで感激でした。

 家庭菜園の耕運作業中、お昼となったので畑から家に歩き出したときに砂利の上に羽を広げたギフチョウを発見した。思わずカメラで撮影した写真です。(羽尻の赤色と橙色が印象に残る)10分ほどとどまってくれたがグランドの満開の桜の木の方に飛び立っていった。

 

 

 

 

 

 

2022年4月13日

カタクリ-白花 2022

2022-04-10 早春の花

今年の竹之高地は未だに60cmの積雪があります。急斜面で地肌の見えたところから春一番の山菜フキノトウが芽を出しています。

カタクリを求めて今年始めて山に入りました。この季節は長靴で雪上を歩けて、5cm程度しか埋らず、慣れればカンジキは不要です。雪の下になって見えない小川には注意!空洞になっています。

カタクリの白花に魅せられて、2008年から撮影している場所で、今年はついに見ることができなかった。残念・・・ 昨年まで生えていたところより20cm下に2年後には、白花をつけると思われる小さな1葉が1株あった。(1段目の写真中央の凛と立ち、葉も茎も緑色に透けて見える1枚葉がいづれ白花を付ける)

2段目の写真は3m登ったところにあるカタクリです。花が薄いピンク色が見えています。

3段目の写真は10mくらい離れた場所に咲いています。これも花が薄いピンク色が見えています。写真を拡大するとわかるのですが、花びら近くの茎が少し紫色になっているのが、花びらも薄ピンク色になるようです。

この場所は急斜面の中間にあり、足を踏み外せば50m谷底へ落ちていく危険なところであり、70才にも手が届く年となった自分もこの場所まで来るのに怖さを感じるようになってしまった。ここが潮時かと思う。来年からは他の場所で白花を探すとします。

15年間も楽しましてくれてありがとう。

 

 

 

2022年4月10日

謹賀新年

2022-01-01 不動様に初詣

 新年の竹之高地に行ってきました。さすがに雪は深く、積雪1mを超えていました。今朝は昨夜の吹雪により降雪は20cmほどありましたがと昨日と変わらずの積雪でした。(1月1日現在 積雪140cm)

 上の写真は不動滝の今日の様子ですが、突然のホワイトアウト状態となり、全体に白くなってしまいました。午後からはお日様も拝めました。

 ところで、年末には山の小屋周りの除雪を行いました。また、昨年正月用にと少し残してあった大根を年末に雪の中から掘り起こしました。みずみずしくうまい大根を今朝から食しています。雪下の大根はホントにうまい(自画自賛)。

 昨年はコロナ禍で年末年始は寂しかったのですが、今年は県外からの里帰りの人たちも山を訪れていました。楽しそうな声がするので小さな子ども達が遊んでいるかと思えば、大人たちも雪遊びをしていました。

 

 今年も良き年でありますようにと 願って竹之高地をおりてきました。

 

 

 

2022年1月1日

カタクリ -3  2021

2021-04-11 早春の花-3

 気温の寒暖差が激しい春特有の気候が続く今日このごろです。
雪融けが進みカタクリがあちこちで咲き誇っています。
今日は東山で4月3日に見つけた2株と同じ群生地で、新たに3株のカタクリの白花を見つけました。そのうちの1株は8枚の花びらをつけていました。非常に珍しいものを見つけ舞い上がってしまいました(右写真の白花です)。カタクリの花びらは基本6枚です。
先日、新潟日報に珍しいカタクリの記事が載っていました。
 04/10記事 花びらが13枚の変異カタクリ(小千谷市)
 04/09記事 1株に花二つのカタクリ(三条市)
日本のカタクリの白花は1万本から5万本に1本と言われています。いろいろな変異種があるものですね。
 自身の齢を重ねるにつれて、山歩きの範囲が狭くなり、前年と同じ場所にしか行かなくなった。
 ①西山の崖・・・春一番に咲く、10数年通った
 ②東山の崖下の元稲作田・・・白花が複数になった
 ③高龍様駐車場の対岸・・・近づけず双眼鏡で確認
 ④東山農園・・・種蒔きした所とその周辺
以上の4ヶ所ででカタクリを見ている。
あとは車を降りて、山道の土手に生えているのを確認するのみとなった。
 東山農園は7年前に種蒔きしたところは昨年からたくさんの花をつけている。ここはまだ残雪がありGWの期間が見頃と思われます。平坦な場所なので誰でも見ることができます。
 柿段からコハシミズ・クワサガシのトレッキング道の脇にも何本かの白花を見ているのですが近年は、今日も山に入るそと家を出るのですが、体が言うことを聞いてくれません。近場で我慢しています。

 

 

 

2021年4月11日